住宅市場

 


まずはアメリカ時間の昨日発表された住宅ローンの金利が低い2つのデータを見て行きます。⬇️

画像
画像

上記は⬆️金利が低い2つの商品となります。

国債の金利は昨日までは横這いだったので住宅ローン金利も横這いとなっています。

もう少し金利が下がると住宅関連の指標は好調な状態になって行くと予想されます。

住宅取得が急増して来る目安とされる6%に近付いて来ると住宅取得は急増しアメリカ経済を力強く牽引して行く役割を果たして行きます。

次に住宅ローン申請者数を見て行きます。⬇️

画像

上記のように⬆️住宅ローン申請者数は前週比2.3%の減少となりました。

今週は前週比で減少となり、ちょっと冴えない結果です

もう少し金利が下がると良いのですが、このところ横這いとなって来たので、あまり冴えないです。

次に住宅購入指数を見て行きます。⬇️

画像

上記のように⬆️住宅購入指数は3週続けて低下し、冴えない結果となりました。

やはり、金利が低下するのを待っている状態です。

次に住宅ローン借り換え指数を見て行きます。⬇️

画像

上記のように⬆️住宅ローン借り換え指数は減少とはなりましたが、水準は高くこちらは良い結果です。

借り換え需要が拡大して来たので、それだけ消費者が積極的にはなって来たと言えるので、こちらのデータは希望のあるデータとなります。

最後に住宅市場全体の景況感を見て行きます。⬇️

画像

上記のように⬆️住宅市場全体の景況感も低下となりました

水準はややくらいですが、高めなので住宅関連の全体としては、良くなって来たことは確かです。

今回も冴えない結果でしたが、全体の景況感は比較的、好調で借り換え指数もままあまあという結果だったので、全体として冴えない結果ではありますが、まあまあという感じです。

コメント

このブログの人気の投稿

FRBのバランスシート

S&P500とナスダック

予想インフレ率

クレジットカード

雇用統計を受けて

3月利下げの可能性

半導体業界の再編

アメリカの人口

ナスダック総合