設備稼働率のデータ

 


設備稼働率のデータを見て行きます。⬇️

画像
画像

上記のように⬆️過去1年のデータでは冴えないように見えますが、過去10年のデータを見ると平均的な水準より少し上となっており、経済活動は好調と言えます。

2016年の頃は75%まで低下していますが、経済は好調だったので75%を下回らない限り低い水準では無いと言えます。

設備稼働率は経済活動の全体の動きを表すことから、このデータが75を超えていればリセッション入りはないと見切ることが出来るデータともなります

2022年にヘッジファンドが、このデータを見ながらリセッション入りはあり得ないと分析していたので、私も参考にしているデータとなります

コメント

このブログの人気の投稿

S&P500とナスダック

FRBのバランスシート

予想インフレ率

3月利下げの可能性

クレジットカード

雇用統計を受けて

半導体業界の再編

アメリカの人口

住宅市場

ナスダック総合